多くの舞台で活躍する看護師、その仕事内容とは

ようこそ

医療業界が多様化している中、看護師が果たす役割とは?医療業界の花形職業について、徹底的に調査してみました。これから看護師を目指す人へ向けて、気になる基本の情報をご紹介します。

気になる!看護師のお仕事内容

「看護師として働きたいけど、どんな仕事があるの?」と悩んでいる方へ、看護師の仕事内容と、活躍するフィールドをご紹介。病院により異なる診療科目、また病棟・クリニック・施設・保育所・企業…活躍の場はたくさん!看護師として働くなら、一番自分にピッタリなのはどこでしょうか?


看護師が働く現場って?

看護師の活躍場所として代表的なのが、病院での勤務。ただ病院と一口に言っても、そこで働く看護師の仕事はさまざまです。24時間体制で入院患者さんのお世話をする病棟看護師。病気や怪我で訪れた患者さんの受付と、診療のサポートを行なう外来看護師。また、手術を行なうオペ室で働く看護師は、病棟・外来とは違う独特の環境下にいます。それぞれの違いを比べてみましょう。
また資格を取ったばかりのフレッシュな看護師が働くには、まずどこでスタートを切るのがオススメなのか、気になる方は多いと思います。気になるギモンを解決します。

病棟によってお仕事に違いはあるの?

病棟には、医療行為を必要とする患者さんが入院しています。病棟の種類は大きく分けて、「急性期」と「慢性期」の二つがあります。「急性期」は病気の症状が出始め、不安定な状態にある患者さんが入院する病棟です。また「慢性期」は、症状がある程度回復して安定した患者さんのケアを行なう病棟です。
看護師の仕事は、急性期と慢性期で内容が異なります。急性期は緊急性の高い患者さんが多く、バタバタして大変そうですが、その分短期間で得る経験は大きいようです。また慢性期病棟では、日々の地道なケアや患者さんとの対話がやりがいにつながるようです。それぞれの病棟ごとの特徴を、もう少し詳しく見ていきましょう。

診療科目によって働き方に違いはあるの?

内科・外科・循環器科…病院には多くの診療科目があり、それぞれに異なる特徴を持っています。大学病院のような規模の大きい病院では20以上の診療科目を扱う場合も珍しくなく、そこで働く看護師の仕事は非常に多岐に渡ります。
看護師の仕事は高給与と言われますが、夜勤や残業が多かったりシフトが不規則だったりと、勤務形態上のデメリットも多いもの。ただし診療科目によっては日勤のみで働けて、生活リズムをしっかりとって働ける科目もあります。各診療科目を比較してメリット&デメリットを整理し、どういった働き方が自分にとってベストなのか考えてみましょう。

看護師が活躍する場所とは

「看護師の職場といえばどこ?」この問いに対して、おそらく多くの人が「病院」と答えることでしょう。確かに看護師のほとんどは病院での勤務を行なっていますが、看護師の活躍場所は病院だけにとどまるものではありません。クリニックや福祉施設、保健所や企業の医務室など、看護スキルを活かせる場所は数多くあるのです。そしてそれぞれの職場には特徴があり、働く上でのメリットやデメリットが存在します。
看護師は幅広い分野でマルチに活躍する、医療業界の花形的存在。施設ごとの特徴を踏まえたうえで、どの職場で働くのがよいのかを考えてみましょう。

よく読まれている記事

看護師の求人状況
資格をとって、いざ看護の世界へ…肝心の病院探しはどうしよう?先輩看護師に聞いた、就職・転職を成功させるコツをご紹介
正看護師を目指すには
医療業界でも人気の資格・正看護師。目指すにはどんな事が必要なのでしょうか?そして、正看護師の仕事内容・メリットとは?
看護師が活躍する場所とは
病院のみならず、クリニック・保育所・施設・企業…看護師が活躍する場所は意外に多いんです。アナタが働くならどこ?
看護師として働くなら、どんな職場?実は病院以外にも、看護師の活躍場所はたくさんあるんです。医療の第一線でスキルを磨く?それとも介護施設でのんびりとケア?選択肢が多くて迷っている方へ、それぞれのお仕事の特徴やメリットをご紹介します。